転職 社会人 中途

社会人の中途採用は転職に有利か

社会人として働いていると何時かは転職をしたいと考える日もきます。一度就職をしており新卒2〜3年目以降に転職をする人のことを中途採用というのですが、ただ、怖いのは転職先があるのかということです。 学校を卒業してすぐに就職する人を新卒、学校を卒業してからすぐには就職しなかった人および新卒で就職して2〜3年目で転職する人を第2新卒といいます。新卒と第2新卒なら比較的就職には有利とされます。 新卒なら余計な教育がされていないので教え込みやすいということ、第2新卒なら社会人としてのある程度の知識を身に着けているが仕事に対する余計なプライドがないことからこれもまた教え込みやすいという利点があります。さらに、若いというのは何よりもの武器ですので、就職難とは言われていますが拾ってくれる会社はあるでしょう。 では、中途採用ではどうかということですが、こちらは条件により変わります。 ここで重視されるのは今までの経験です。例えば今までと同じような仕事を選ぶのならスムーズな転職も期待できるでしょう。 実践で使っていない資格を持っているだけよりも、資格がなくても経験があれば何よりもの強みになるということは覚えておきたいですね。 中途採用 求人サイトは更新性や応募の手軽さなどから他の媒体にはない利便性があり、より幅広い人々からの応募を促すことができます。

社会人の転職で増える第二新卒採用

転職者採用で注目され続けている第二新卒とは、大まかな定義では学校を卒業後3年以内の社会人です。即戦力にはならないものの、社会人として必要な基本的スキルが身についているものとして、採用枠が広がっています。ここでは25歳前後の方の転職のコツをお伝えします。 第二新卒の方がアピールした方が良いことは、仕事へのやる気とコミュニケーションスキルです。一つの会社に長くいた転職者よりも、会社の色や業界のしきたりに染まっておらず、吸収力が高いのが長所です。面接では新しい会社で成長したいという気持ちを伝え、また、前職で周囲の人と積極的にコミュニケーションを取ったエピソードなどを添えて自己PRをすると良いでしょう。 それと同時に、採用面接でチェックされている事は、新卒の面接と同じく自己分析ができているかということです。社会に出て得たものを考えてみて下さい。失敗の連続だったかもしれませんが、そこから何かしら得たものが必ずあります。冷静に自分の事を分析して、ポジティブに考えてみましょう。人間の可能性とは、目に見えないものです。目に見えないけれど、気持ちの持ち方一つで新たな道は開いて行けるものです。あなたが強い気持ちを持って面接に臨めば、企業もポテンシャルの高さを感じ取って採用してくれるので、頑張りましょう。

更新履歴